女性の悩みを解決する薬

女性の悩みを解決する薬

女性にとっての悩みはそれぞれあると思いますが、当サイトでは、その中で非常にその需要が多いダイエットを中心にむくみ、脂肪吸収の抑制薬、不妊治療薬、低用量ピル(避妊)についてご紹介します。いずれの薬も医薬品の通販で購入することが出来ます。とても簡単で便利な入手方法ですので活用しちゃいましょう。

むくみ解消にはラシックスを使いましょう

むくみ解消にはラシックスを使いましょう

むくみに関しては、ラシックスという即効性を持った強い利尿作用のある血圧を下げる薬を取り上げます。身体の余分な水分を尿と一緒に体外へ排出します。ラシックスの成分フロセミドがむくみ取りに効果があり、似たような作用のある血圧を下げるチアジド系の利尿剤ではむくみ取り効果はないため、一時はダイエットの効果があると話題になりました。

ラシックスは、服用すると即効性があるので、およそ30分~1時間ほどで効果があらわれて、6時間ほどその効果が続きます。ラシックスの服用に関しては、1日に1回1錠を水やぬるま湯で経口服用しますが、より効果的に服用するならば、朝食後がお勧めです。その理由はとても簡単なことで、利尿作用が強いので就寝前などに服用すると、ゆっくり眠れない恐れがあるからです。口コミ情報では、食後に服用することは効果が弱まるといったことも聞きますが、食後でも空腹時でもどちらに服用しても問題はないですが、心配な方は医師などにご相談下さい。

ラシックスは危険性がないと言われていますが、薬ですので副作用は少なからず起こります。さまざまな症状があり、利尿作用が強いので尿意が多くなる以外にも口の渇き、貧血、めまい、脱水症状や脱力感、倦怠感、吐き気や嘔吐、下痢、食欲不振、知覚や味覚に異常を感じる、代謝に異常が起こるなどといった症状をあらわれると報告されています。

副作用の起こる可能性は低いと言われても重症になる場合もあり、手足のしびれやアレルギー症状、アナフィラキシー症状などといった症状も現れたという報告もありますので、持病を持っている方や現在病気の治療中で薬を服用している方、高齢者の方などは、服用する際には、十分に注意をはらい、専門の医療機関などの医師などにご相談して下さい。

ラシックスに関してもう少し知りたい方はラシックスの効果についてからどうぞ!

脂肪の吸収を抑えるゼニカル

脂肪の吸収を抑えるゼニカル

脂肪吸収の抑制薬に関しては、ゼニカルという肥満を解消させて痩せるための治療薬を取り上げます。病院でも処方もされているダイエット効果のある薬であり、日本国内では認可をまだ受けていませんが、アメリカでは既に認可を受けています。世界でおよそ4,000万人以上の女性から愛用されています。

脂肪分が、食事によって吸収されないために有効成分オルリスタットが脂肪分を分解されないように働き、身体の外へ排出する効果があります。そのため、食事制限をする必要もなく、普段と同じように食事をしてゼニカルを服用するだけで体重が減っていくのでダイエットに成功するような効果が実感できます。

脂肪の吸収を抑えるゼニカル

続ければ日に日に理想とするキレイなボディーラインや体型に近づくことができます。より効果を高めたい美容に敏感な女性の中では、ゼニカルだけを服用するのではなく、他にもマルチビタミンサプリを併用したり、エクササイズなどを行ったりする方が効果が得られるとの口コミも多数あります。

ゼニカルの服用方法は、食中あるいは食後1時間以内に1錠を服用します。食事をとらない場合や脂肪が少ないまたはほとんどない食事の場合には服用する必要はありません。きちんと使用上の用量・用法を守って服用するば安全に理想の体型を手に入れることもできます。

ゼニカルの効果的な使い方や注意などを知りたい方はゼニカルの効果とは?へ!

クロミッドで不妊症を改善する

クロミッドで不妊症を改善する

不妊治療薬に関しては、クロミッドという性腺刺激ホルモンが不足する女性が排卵しづらくなることを改善するため、性腺刺激ホルモンの卵胞ホルモンの分泌量を増やし卵胞が成熟させることで排卵を促す効果のある排卵誘発剤です。排卵が起きない方や妊娠の成功率をもっと高めたい方、男性でも精子の生成を促進したい方などに有効です。

クロミッドは日本の富士製薬が販売を行い、排卵を起こすため、性腺刺激ホルモンの分泌を促進よう脳に働きかけます。性腺刺激ホルモンの分泌は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを促進させて、卵胞ホルモンの分泌が増すと卵胞が成熟して排卵が促されます。成熟した卵胞に排卵を促進させる黄体ホルモンが受精卵が着床しやすくするよう子宮内膜を厚い状態を維持します。

クロミッドで不妊症を改善する

不妊症かもと思ったときには、一番最初の手段として服用することがとても効果的であり、不妊治療の費用などが安く抑えられるので負担をで小さくなりとても経済的です。クロミッドによって得られる効果は、不妊症の改善だけでなく、生理不順が正常に排卵できる効果や排卵日を調整する効果もあります。

無排卵の方は排卵できるようになり、排卵させる時期により、卵子の成熟な度合いを調整することが可能に安定します。自然な周期の場合には、1回の排卵でひとつの卵子ですが、クロミッドを服用した際の周期の場合には、1個~4個の排卵がみられることもありますので妊娠する確率が高くなります。

クロミッドの効果についてでもう少し詳しいことや服用方法について記述をしておりますのでどうぞご覧下さい。

低用量ピルで避妊効果と副次効果(生理痛改善)を得ましょう

低用量ピルで避妊効果と副次効果(生理痛改善)を得ましょう

低用量ピル(避妊薬)に関しては、トリキュラーという性腺刺激ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが作用して生理の周期を安定させて避妊すると低用量ピルです。卵胞ホルモンのエストロゲンは、21日間一定の分量にしますが、黄体ホルモンのプロゲストーゲンの分量を3段階に分けて6日、5日、10日と各期間ごとにホルモンの分量を変える3相性タイプのものになります。

3相性タイプのピルは、女性ホルモンのバランスをより自然に近づくように変化させているので、副作用が起こりにくいことがメリットです。不正出血が起こりづらく、服用中の不正出血も起こしにくいです。黄体ホルモンのプロゲストーゲンをはじめの期間に分量を少なくして、徐々に分量を増やすので、自然なホルモンの分泌する量に似せて避妊の効果を高めたままに維持し、正しく服用すればほぼ100%避妊できます。

低用量ピルで避妊効果と副次効果(生理痛改善)を得ましょう

低用量ピルのもともとの働きは、排卵を起こらなくさせる、受精卵を着床しにくくさせる、頸管粘液を変化させる3つの作用があります。女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、脳下垂体に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌を抑えるように働きかけ、卵巣にある卵胞は成熟しないので排卵が起こらなくなります。また低用量ピルに含まれる女性ホルモンは子宮内膜を厚くしないように作用するので受精卵を着床しにくい状態にします。

生理不順な方が服用しても生理周期が正常の周期28日になります(または近くなる)、生理日がいつなのかがすぐに分かるため、毎月のスケジュールが立てやすくなり、トリキュラーの作用で生理の周期を意図的にずらすことが可能ですので避妊しやすくなります。

低用量ピルについてはトリキュラーの効果でさらに詳細を載せておりますので気になる方はどうぞ!

女性の悩みはこれで解決

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り