むくみをとる方法

むくみをとる方法

むくみを解消するには、常日頃から生活の中で取り組める予防方法があります。むくみは、身体の中に溜まる必要のない水分や老廃物が原因で起こるので、どうやって排出するかを工夫すれば解消に繋がります。すぐにできる方法は、まず余分な水分や老廃物を利尿作用によって排出することを意識します。

食品でむくみ予防

まずは食品から。飲料水ならば、カフェインを多く含むものを摂取することで対処できます。例えばコーヒーや紅茶、ウーロン茶や緑茶などはカフェインが多く含まれていますので、多く摂取すれば利尿作用が強いと考えられます。食べ物ならば、野菜は瓜系のもの(きゅうりやスイカ、冬瓜)がお勧めです。

カリウムを多く含む食品も有効です。乾物系(切干大根、スルメイカ、ひじき、わかめ、昆布、にぼしなど)やドライフルーツ(プルーン、レーズン、干し柿など)が凝縮されています。豆類(大豆、あずき、エンドウ、インゲン、アーモンド、ピーナッツなど)の栄養素は強く、他にもアボガドやバナナ、キウイなどの果物にも利尿作用のあるカリウムやナトリウムが豊富に含まれています。

むくみを取る対策

むくみを取る対策

むくみ対策として半身浴もおすすめ出来ます。40℃前後のぬるめのお湯に20分~30分ゆっくりと浸かることで、リラックスもでき、全身を温めながら効率よく水分を排出することができます。半身浴で意識することはへそよりも少し高い心臓くらい位置まで浸かることです。お湯の温度や浸かる時間を確認しながら行うとストレスも同時に解消できます。

ストレッチやリンパマッサージも有名なむくみ取り方法です。身体にあるリンパ管を刺激して、リンパ液の流れを促すことでリンパ管に溜まった老廃物がなくなり、リンパ液の流れがスムーズになると体内にある有害物質も排出できやすくなり、むくみの解消が図れます。

気になる部位でご紹介すると、顔のむくみを改善するには、温めたタオルを顔全体を数十秒覆い、目や口を大きく開いたり、閉じたりすることを繰り返す表情筋の運動を行うと対処や予防ができます。脚のむくみを改善するには、温かいお湯に数分浸け血行を促します。その後、ふくらはぎにある筋肉ヒフク筋とヒラメ筋をほぐします。

ストレッチは、まず
①壁などに両手を置いて前傾姿勢になります。
②脚を身体の前後に開きかかとを付けたままにします。
③前にある脚のひざを前に曲げます。しっかりと後ろ脚を伸ばします。
④反対の脚も同じように伸ばします。息を吐きながら行い、一回に伸ばす時間は20秒~30秒くらいです。

リンパマッサージのやり方は、
①足首からふくらはぎ、ひざ裏にかけて優しくなでるように流します。
②次に足首からすねの両側の骨のうえにかけて両手の親指で軽く押して刺激します。反対側にも行います。
③ふくらはぎの4つのツボを順に両手の親指で刺激します。
委中:ひざの裏中央部分
承筋:ふくらはぎの最ももり上がった部分
承間:承筋と承山のちょうど中央の部分
承山:委中と足首の中間部分、左右5回ずつ1部分に5秒~10秒ほど息を吐きながら行いましょう。

ラシックスでむくみを取る

マッサージなどを行う以外にも簡単にむくみを取る方法があります。利尿剤であるラシックスを使う方法です。この方法はとても有名でモデルや芸能人たちも行っている方法です。その理屈は非常に簡単。ラシックスを服用することで尿を排出し、余分な水分を出す。と、至極単純な理屈ですが、とても効果があります。頻尿というくらいの回数になるためだからです。ですので外出中や咳を外せない用事の時には服用がおすすめできません。それほど強力な効果を持っているのです。

入手にあたっては医療機関よりも医薬品の通販で行ったほうが良いでしょう。確かに日数は少々かかりますが、安価で購入できるためです。日数に関しては1~2週間ほどで届きます。早ければ4~5日でも届くそうですので一度お試しになって下さい。

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り