クロミッドの効果について

クロミッドの効果について

卵子の排出を促進する不妊治療薬クロミッド

クロミッドは日本の富士製薬が販売する排卵誘発剤で、女性の悩みの1つである不妊症を改善する不妊治療薬です。性腺刺激ホルモンの不足で排卵しづらくなるため、卵胞ホルモンの分泌量を増やすことで卵胞を成長させ、排卵を促すことができる排卵誘発剤です。主に排卵が起きない方や妊娠の成功率をもっと高めたい方に有効です。不妊治療薬ということで女性のみならず、男性不妊症にも使うこともあり、睾丸に作用して男性ホルモンをよく分泌させ精子の生成を促進します。

排卵の仕組みは、排卵をするためにまず脳に働きかけて性腺刺激ホルモンの分泌を促進します。次に性腺刺激ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌するよう促します。分泌の量が増える卵胞ホルモンが、卵胞が成熟させて排卵を促進します。黄体ホルモンは成熟な卵胞に排卵を促進させ、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし、その状態が維持されると妊娠しやすくなります。

不妊症と疑う場合初めの段階や原因が特定できない時などには、不妊治療薬クロミッドなどの排卵誘発する薬を服用が勧められておりとても効果的な手段です。高額な不妊治療の負担などを小さく抑えられとても経済的であることも理由の一つになります。不妊治療薬のクロミッドを服用することで、性腺刺激ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモン双方の分泌を促します。

クロミッドの服用によるメリットは色々

クロミッドの服用によるメリットは色々

クロミッドによって女性が得られる効果は、生理不順の方は正常な排卵が順調にして周期を戻したり、排卵日を調整でき安定します。無排卵の方は、排卵する時期により卵子の成熟な度合いを調整することができ改善します。自然な周期の場合は、1回の排卵はひとつの卵子です。クロミッドの周期の場合、1個~4個の排卵することもあり、排卵数が増えます。よって双子の誕生率も服用しないケースと比べると上がるみたいです。というのもそのデータも出ています。

服用方法は生理の3日~5日目から始めて1日に1錠~3錠を5日間服用。服用した後、クロミッドの効果があれば約7日~10日後にとても多くの方が排卵をします。不妊治療薬クロミッドの服用は、妊娠の確率を高めるためには非常良い身体への負担が少ない排卵誘発法ですが、妊娠は排卵日の予測が重要になるため、日ごろから基礎体温を計ったり、排卵検査薬を使用するなど状態の把握が大切です。

クロミッドなどの排卵誘発剤を服用すると双子や三つ子などの多胎ができることが、一般的に1人の子どもを妊娠するよりも多くなっており、専門機関からのデータで算出されています。双子が生まれる確率は出産する子ども全体の約1%前後と割出されていますが、クロミッドを服用した母子から出産される双子は全体の約5%近くとなり、服用するだけでもかなりの比率で高くなります。三つ子以上が生まれる確率は、ほぼ全体的に見ても同じ比率です。

クロミッドの副作用

クロミッドの副作用

クロミッドは副作用が少ないと言われるものの、報告されている症状もありますのでご紹介します。起こり得る自覚症状は、頭痛、倦怠感、吐き気などが報告されています。気になることはほとんどありませんが、個人差があり、場合によってはうつ病や更年期障害などに陥ります。

不妊治療薬として優秀なクロミッドですが、長い期間の服用は子宮内膜を薄くしたり、頚管粘液が減少するなどの症状が起こる確率が高くなります。子宮内膜が薄い状態は受精卵の着床がしにくくなるため、妊娠する成功率が下がってしまいます。頚管粘液の減少は精子を子宮まで運ぶことが難しくなり、妊娠する成功率はやはり下がります。

妊娠したい方は、子宮内膜の厚さを重要視した方が良いです。不妊治療薬クロミッドを服用した場合、正常な排卵ができるようになり、順調で安定した周期を取り戻せたり、ホルモンのバランスが整えられるので排卵日が調整できる効果もあります。そのチャンスを活かすためにも特に頸管粘液が減ることや子宮内膜が薄くすることを注意して、短期で計画を立ててみましょう。

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り

ラシックスの成分フロセミドがむくみ取り